ブログを見ていただいている皆さんへ伝えたいこと | SENDo Inc.

BLOGブログ

SENDo通信

ブログを見ていただいている皆さんへ伝えたいこと

みなさんこんにちは、社内通称「じゅんさん」こと、品川です。
最近社内でみんながブログを書いてくれるようになっていること、とても嬉しく思います。

★センドがブログを書く理由


このブログをみていただいた方に
「センドってこんな人が働いているんだな」
とか、
「センドのこともっと知りたいな」
なんて気持ちに少しでもなってもらえれば嬉しいという想いから、みんな持ち回りで書いております。

僕らが生業としているWEBマーケティングに関する記事でもなく、最新の業界話でもなく、ただただ社内のこと。みんなの人間性が出るように、縛りなく自由に、各々が書きたいことを書いています。
そんなゆるーい立ち位置のブログです。



★自由が故に、無法地帯化してしまっている?


みんなが書く内容については基本自由ですので、僕としても微笑ましく見守っていました。
まずは書く習慣をつけて、継続してみる。
そういう視点でいうと、縛るのではなく、楽しく続けることが大切だと思って見守っていました。

そう、見守っていました。

が!


改めて見返してみると、このブログ、結構な無法地帯になっていないか?という印象を受けております。
今日は、三つのポイントでこの問題を掘り下げさせていただきます。

★無法地帯化してしまっているポイント


今回切り取ったポイントは以下の通りです。

ポイント1:導入文の意味がわからなくてむちゃくちゃ。
ポイント2:さもシリーズ風に見えるけど、一本しかあがってなくてむちゃくちゃ。
ポイント3:完全に嘘を書いていてむちゃくちゃ。

※追記:本記事を執筆中に、過去最高にやばい記事があがっていましたので、最後に触れます。


<無法地帯ポイント1>
導入文の意味がわからなくてむちゃくちゃ。


一つ目のポイントは、記事の導入文が、何を言っているか全く意味がわからないシリーズです。
シンプルに、入りの文章の意味がわからなくて怖い、というものです。


まずはこちら。


導入文
「私のことは嫌いでも、カレーのことは嫌いにならないでください!」

http://sen-do.com/blog/872/

いや、何言ってんの?何の話?全然意味わかんないって。
てか、むちゃくちゃ滑っとるやん。


つぎ。



導入文
つぼっちと眼鏡が被ってしまい、ご心配をおかけしております。

http://sen-do.com/blog/193/

は?どういうこと?
お前がメガネかけとるかどうかとかしらんし、別に誰も心配しとらんし。
もう意味わからなすぎて、怖い!!


この二つの記事については、読んだ時、軽く震えるほどの恐怖を覚えました。


<無法地帯ポイント2>
さもシリーズ風に見えるけど、一本しかあがってなくてむちゃくちゃ。


二つ目のポイントは、さもシリーズ風に見えるタイトルがついているにも関わらず、その後が続かず、似たようなカテゴリの記事が上がっていても各自好き勝手にタイトルをつけいる。全く統一感がなくて、協調性もなくて怖い、というものです。


わかりやすい例としては、グルメ系のブログ。
センドのみんなはご飯が好きな人が多く、事務所周辺の食事処についての記事がいくつか書かれています。
でも、そのタイトルのつけ方に統一感もなく、みんな自由なんです。


そのグルメ記事のタイトル達がこれ。

みんなでおランチ!

SENDoランチ通信

【行列グルメ】GARAM(ガラム)の絶品カレーに突撃!


書いている内容は、結局のところ、事務所の近くのランチについてです。
タイトルに統一性つけんかいって話です。
でも自由なんで、みんなそんなの気にしなくて、書く人達が好き勝手つける、全く協調性がないタイトルとなっています。


<無法地帯ポイント3>
完全に嘘を書いていてむちゃくちゃ。


最後のポイントは、ブログを見てくださっている方が知らないことをいいことに、真っ赤な嘘を書いているというブログです。


該当のブログがこちらです。


タイトル
健全な精神は健全な肉体に……

こちらの内容ですが、移転のタイミングで、「全く使われないまま放置されていた懸垂マシーン」を処分しようとした時の話になります。

ブログはカサイが書いたものなんですが、内容をまとめるとこんな感じです。

<ブログの要約>
・カサイは懸垂マシーンを毎日使って、健康維持を意識して運動している。
・カサイは毎日使って健康維持に役立てているのに、周りの奴らは全然使っていない。
・そいつらが自分が使っていないからといって、移転のタイミングで処分しようとしている。
・処分の理由は、移転先の事務所の「内装のイメージに合わない」という理不尽なもの。
・健康に対して全く意識が低い、かっこつけの勘違いバカヤロウどもには、俺は絶対に屈しない。絶対に処分させない。


でも、真実はこんな感じです。


<当時社内で起きていた真実>
・懸垂マシーンを購入した当時、カサイはこれを使って3ヶ月で10キロ痩せると豪語していた。
・しかし、実際は全く使われずに放置されていた。
・もちろんカサイはほぼ使っていなかった。
・その結果、カサイの体重は見事に増え、3ヶ月で5キロ近く増えた。
・結構スペースもとるし、使わないなら移転のタイミングで処分しようという話になった。
・その途端、なぜかカサイが抵抗しだした。
・そして、社内で「健康経営!」と喚きだした。


つまり、このブログに書かれている内容、「まっかな嘘」なんです。


僕は、捨てたくないならそれはそれでもいいと思っています。
人間誰しも失敗はあります。


過去の失敗を認め、今後の行動につなげていくのであれば問題ない


そう思っています。


今回の懸垂マシーンについても、


「みんな申し訳ない。これまでは確かに使っていなかったしダイエットも失敗した。でも心を入れ替えて、今後はちゃんと使って活用したいと思っている。どうか処分しないでください。もう一度チャンスください。お願いします。」


といって、自分の非を認め、周りの理解を得る行動を取れば、それでいいと思うんです。みんな納得すると思うんです。


でも、カサイは違います。

自分の非は決して認めず、周りを非難します。


そして、挙げ句の果てに、

このような社外の人も観れる場所(ブログ)で、さも自分が正しい、自分以外の人間は何もわかっていないヤバい奴らなんだ、と真実とは異なる内容を書き連ねたのです。


もう、むちゃくちゃ過ぎて怖いです。
そして、こんなカサイが弊社のスタープレイヤーという悲しい現実、涙が止まりません。

カサイです。


<追記>
本記事を執筆中に、過去最高にやばい記事があがっていました。


この記事を記載中に、さらにとんでもない記事があがっていました。


該当のブログがこちらです。


タイトル
スマートデバイスに見る、日本働き方への壁と忍び寄るテクノロジーの闇。


書いたのはラッキー先輩。うちの会社では、カサイと双璧をなすやばい人です。

内容をかいつまんでご説明させていただきます。


<ブログの要約>
・社内のアレクサが暴れている。
・これは、機械が人間を超える前兆だ。
・みんな、もっと真剣にこの問題を考えた方がいい!危機感が足りていないぞ!


このブログについては、論ずるに値せず、です。
社内の人ながら、どういう頭の中なんだろうと思います。本当に恐ろしいです。。。


★まとめ


ということで、改めてブログを見てみると、本当に無法地帯で、協調性がないメンバーだなって思いました。
でも、自由でやっているブログなんで、もう少し放置して様子を伺っていきたいと思っています。

こんなむちゃくちゃなメンバーではありますが、仕事はしっかり頑張っています。
おヒマな時にのぞいていただけると嬉しいです。

今後とも、どうぞセンド株式会社をよろしくお願いいたします。

さよちゃんは今日もお菓子を食べています。平和です。