【清川ランチ】喫茶喫酒おまめで女子ランチ | SENDo Inc.

BLOGブログ

SENDo通信

【清川ランチ】喫茶喫酒おまめで女子ランチ

例年になく遅い梅雨入りの福岡、夏の知らせを心待ちにして日々の業務に勤しむ今日この頃です。お世話になりますつぼっちです

先日センドの女子部“女子〜ズ”(えとーちゃん、さよちゃん、おばさん枠でわたくし)の三人でランチへ行ってきました。

今回のランチのお店はこちら!

あったわ!ここよここ!

会社から徒歩5分程の場所にございます『喫茶喫酒 おまめ』

那珂川沿いの「Lassic」というリノベーション施設の1階にあります。
もともと旅館だったとか?リノベーションされてからももう10年以上になるようです。

看板を頼りに中へと入っていきます。

小道を抜けると壁には
ツバメ!

女子〜ズの心をくすぐりますね。


更にもう少し奥へ入っていくと、広い空間が!

うん!アーティスティックね!

ランチ目的でやってきた女子〜ズの目の前に不意に現れたこちらの空間。

壁一面に描かれた派手なグラフィックアートから光が溢れるこの空間に目は完全に奪われつつも、空腹女子〜ズ3人は奥の『おまめ』へ歩みが止まることはなく…

到着〜!

ここよ!ここここ!

飾りもありながら、どこか懐かしいような「家」を思わせる入り口。期待も膨らみます。ということで、

いざ入店〜

もう座ってる!

目を疑う速さで着席するふたり。流石です。

落ち着いた店内に那珂川から射す光が、おばさん以外の正統な女子〜ズを包み、

「そうだ…ぼくは女子〜ズでもなくおばさんでもなく、ただのおじさんなんだ…」

と我に返り、気持ちをおじさんグルメブロガーへとシフトチェンジさせ、注文を待つ間見処たくさんの店内を撮影させていただきました。

店内の至る所に年季の入ったフィギュアやオブジェが置かれていたり、照明や椅子がお店の雰囲気にとてもマッチしていて、お昼でも夜の賑わいが想像できる沢山のボトルが並ぶカウンターはかなりいい味だしてます。

ご主人がもともと陸上競技をやられていたそうで、壁にはたくさんのサインが書かれていました。(この日もちょうど博多の森で行われていた陸上日本選手権の選手がサインを書かれていました)

と、見応えたっぷりのお洒落な店内をたっぷり堪能している中、席で待つ真•女子〜ズのふたりを見てみると…

川に夢中!

川ね!川いいよね!一緒に川見よう!うんうん!

真•女子〜ズ「ごはんまだかな〜」

あ!そっち?

そうね!楽しみね〜!食べログで写真見て来たけど、ほんと美味しそうだったもんね〜

とおじさんのひとりてんやわんやタイムがあり、ついに本物のランチタイム!

おまめカレーごはん定食 ¥900



おまめ週替わり定食 ¥900



野菜あんかけ丼定食 ¥850-


お味はもちろん、見た目も美味しさを引き立たせてくれていて、丁寧な仕事が伝わるあたたかいごはん。間違いなしでした!

ちなみにわたしが注文したおまめカレーごはんは、和風だしと赤みそベースの和風カレーでだしの旨味がしっかり効いててコクもあり深い味わい!
辛さは抑えめなので、汗かきドロドロおじさんにならずにサラッと食べられちゃう、胃にもおじさんにも優しいとってもオススメのカレーです

あと、さよちゃんが頼んだ週替わり定食に付いてきたミニデザートが絶品だと大はしゃぎ!
カフェでのご利用も大オススメです。

ごちそうさまでした。

そんな大満足ランチを終え会社に戻ろうとすると突然、
センド公認爆食鬼の咆哮が!

「デザート美味しすぎたからアイス食べる〜!!!」

理解不能なのは鬼が故!
こうなった彼女を止める術を誰も知る筈もなく、コンビニに突っ込んだと思えば次の瞬間にはアイスを頬張りながら戻って来た彼女。

自我がないのは明白なのでアイスを食べ終わるのをただ待つえとーちゃんとわたくしふたり…とその時

あ〜!

自業自得!

みなさんも爆食鬼の暴走にはご用心ください。

〈喫茶喫酒 おまめ〉

・所在地 福岡市中央区清川2-1-21 Lassic1-D
〔CAFE TIME〕 平日/12:00~15:30 17:30~23:00
        土日祝日/12:00~23:00
〔BAR TIME〕19:00~26:00
〔定休日〕毎週火曜+不定休
・TEL 092-523-6323
・HP http://www.omame-cafe.com/